楽天モバイルからIIJmioスマホセットへMNPしました!注意点や申込手順について解説

これまで電話番号は解約してたのですが、今回初めてMNPしましたので、記事にしました。

スポンサーリンク

今回のMNPにおける前提条件

  • 楽天モバイルからIIJmioへMNP
  • IIJmioはギガプラン音声SIMと端末を契約する
  • 同一名義でのMNP
  • mioIDを所持している
  • IIJmioの端末値引きキャンペーンは受けたことがない

筆者はmioIDを所持した状態でMNPしました。mioIDを持たない場合についても、解説は入れてあります。

mioIDとは、IIJmioを利用する際に必要となるアカウントのことです。

例えば、楽天モバイルなら楽天アカウント、auならauIDが必要になります。それと同じように、IIJmioを利用するためにmioIDが必要になります。

MNP実施前に確認しておくこと

MNPにかかるコスト

楽天モバイル側(転出元)

楽天モバイル側でのMNP転出料は発生しません。楽天モバイルでは、2021年3月1日午前0時以降、MNP転出料が発生しなくなったためです。

ただし、注意点が2つあります。

  • 楽天モバイルで購入した端末の支払いが残っている場合は、完済まで支払いが続く。
  • 楽天モバイルから転出した月の代金支払いは、日割りが効かない。

なお、楽天モバイルの解約日は、MNPの回線切り替えを実施した日になります。

回線切り替えは、MNPの申し込みが完了し、IIJmioのSIM(と端末)が届いてから実施します。

つまり、下記3つの条件を満たせば、楽天モバイル側でかかる料金は0円です。

  • 楽天モバイルの端末支払いが残っていない
  • 8月中の楽天モバイル使用データ量が1GB/月以下
  • 8月中にMNP回線切り替えが完了する

IIJmio側(転入先)

MNP転入料はかかりませんが、事務手数料とSIM発行手数料が発生するほか、スマホを買えば端末代金の支払いが発生します。

項目費用(税込)
MNP転入料0
事務手数料3,300
(8月31日
まで2,200
)
SIM発行手数料433
端末代端末による
(分割も可)

事務手数料は通常、税込3,300円ですが、2022年8月31日までに申し込めばキャンペーン割引されて税込2,200円になります。

端末代金の支払いは、一括・分割(24回払い)が選べます。分割支払いの場合は、分割支払いの審査が入ります。

このほか、IIJmioのプランに合わせて月額料金がかかります。

楽天モバイルでMNP予約番号を発行する際の注意点

MNP元とMNP先の氏名・住所を本人確認書類に合わせること

今回は「同一名義」のMNPです。つまり、転出元と転入先の名義(利用者)が同じです。

楽天モバイルでMNP予約番号を発行する前に、次の3つの個人情報を統一しておきましょう。本人確認書類に合わせます

  • 楽天モバイルの住所と氏名
  • IIJmio(mioID)の住所と氏名
  • 本人確認書類の住所と氏名

IIJmioの音声SIMを契約する場合、本人確認書類のアップロード(画像データ)が必要になります。

本人確認書類は、運転免許証・マイナンバーカード・健康保険証・在留カードが使用できます。

住所や氏名が異なると、本人確認がやり直しになり、最悪MNP手続きに失敗します

特に住所は、番地や号などの書き方も統一しておきましょう。1-1なのか、1丁目1番地なのかを含めて、書き方は一字一句揃えましょう

楽天モバイルのMNP予約番号は即時発行される

楽天モバイルのMNP予約番号は、申し込んだ時点ですぐ発行されます

タイムラグがないので、すぐにMNP転入の申し込みができます。

IIJmioをMNP転入でスマホと一緒に契約する際の注意点

楽天モバイルのMNP残り日数が7日以上あること

IIJmioをMNP転入で契約する場合、MNP予約番号にある「MNP残り日数」が7日以上残っている必要があります。

残り7日未満で申し込むと、契約手続きは失敗してしまいます。

MNP予約番号は、楽天モバイル側で再発行できますが、MNP残り日数が0にならないと再発行できません。つまり、MNP残り日数が7日を下回ると、残り0日になるまで一切の手続きができません

楽天モバイルのMNP予約番号は即発行されるので、購入タイミングを読まずに済みます。よって、MNP予約番号を再発行せざるを得ない状況にはなりづらいですが、欲しいスマホの在庫切れ(IIJmio)には注意してください。

あらかじめ本人確認書類を写真撮影しておくこと

IIJmioのMNP転入の契約時に、本人確認書類も画像データをアップロードします。

あらかじめ本人確認書類を写真撮影して、jpgまたはjpegでデータを準備しておきましょう。準備を忘れると、MNP申し込みの最後で手詰まりになります。

本人確認書類は、運転免許証・マイナンバーカード・健康保険証・在留カードが使用できます。

運転免許証があれば一番早いです。住所変更がなければ表1枚だけ、住所変更があれば表裏の計2枚です。

マイナンバーカードと健康保険証は、一部項目のマスキングが必要なので注意!(マスキングしそびれると、本人確認がやり直しになります)

本人確認書類のルールはそれなりに複雑なので、下記IIJmio公式ページを読まれることをお勧めします。

IIJmio:本人確認手続きについて
https://www.iijmio.jp/hdd/miofone/verify.html

端末割引を受けられるのは1mioIDあたり1回

同一のmioIDで過去に端末割引キャンペーンを受けている場合、端末割引が受けられません。

mioIDを所有している場合はログインして申し込むこと

mioIDを所有している場合は、mioIDにログインした状態で、MNP転入を申し込みましょう。

既にmioIDを所有しているのに、新規で申し込んだ場合、端末割引が受けられません

なお、IIJmioの規約により、「mioIDは1人1つ」と定められています。複数保有はできません。

mioIDでログインした状態でMNPを申し込むと、mioIDやクレジットカード情報の入力が要らないので、手間が省けます。すぐ売り切れになる人気のスマホを申し込むときは、少し有利になります。

IIJmioの端末値引きは前回利用から1年以上空いていないと適用されない

1年以内にIIJmioの端末割引キャンペーンを受けた場合、端末値引きは受けられません

解約してmioIDを変えたとしても、1年以上の期間が空かなければ、端末値引きは受けられないようです。

MNP申し込み手順

上にも書きましたが、MNP予約番号を発行する前に、下記の情報を統一しておきます。全て、本人確認書類の内容に合わせます。

  • 楽天モバイルの住所と氏名
  • IIJmio(mioID)の住所と氏名
  • 本人確認書類の住所と氏名

一語一句でも違うと、本人確認手続きがやり直しになります。最悪、MNP手続きに失敗します

mioIDを持っていない場合は、楽天モバイルと本人確認書類の内容を合わせておきましょう。

また、楽天モバイルに登録している電話番号も控えておきましょう(MNPする楽天モバイルの電話番号とは異なります)。IIJmio側でMNP情報を入力する際、登録している電話番号も問われます

楽天モバイルでMNP予約番号を発行する

MNP予約番号はmy楽天モバイルアプリから発行します。操作方法は下記参照ください。

MNP予約番号の発行方法や他社へ転出する際の注意点 | お客様サポート | 楽天モバイル
こちらのページではMNP予約番号の発行方法や他社へ転出する際に確認しておきたい内容についてご案内いたします。●MNP転出の際の予約番号の発行...

MNP予約番号は即時発行されます。スクリーンショットを撮っておきましょう(撮り忘れても、同じ手順で操作すれば、再表示できます)。

IIJmioでMNP転入を申し込む

IIJmioでは8月31日まで、スマホ大特価セールを実施中です。

IIJmio公式サイトから「キャンペーンに申し込む」を選んで、申し込みに進みます。

mioIDをお持ちなら、あらかじめログインしておいてもOKです。ログインしてない場合でも、申し込みの途中でログインを求められますので、どちらでもOKです。

申し込み開始

クレジットカード、本人確認書類、MNP予約番号を準備しておきましょう。

あらかじめ本人確認書類を写真撮影して、画像データ(jpgまたはjpeg)を準備しておきます(忘れると、申し込みの最後で手詰まりします)。

mioIDがない人は、メールアドレスも用意します。mioIDログイン用のパスワードも考えておきましょう。

「事前支払いしたものはない」を選んで、「次へ」タップします(「事前支払いをした」を選ぶと、端末値引きが受けられません!)。

プラン選択

他社から乗り入れ(MNP)、端末とSIMのセットを購入する、音声通話…、を選びます。

料金プラン、回線種別を選びます。筆者は料金プランを4GB/月にしました。回線はdocomo回線で申し込みましたが、au回線も選べます。「公衆Wi-Fi」は任意なので、不要にしました(=チェックを入れない)。

通話定額オプションは不要にしました。利用者は「契約者本人」を選んで、「次へ」を選びます。

端末選択

端末の選択画面に移ります。

欲しい端末を選びましょう。筆者はXiaomi Mi 11 Lite 5Gを選びました。

カラーと支払い回数を選びます。ちなみに、Mi 11 Lite 5Gは生産終了しており、トリュフブラックしか在庫が残っていないとのこと(IIJmio公式ツイッターアカウントより)。

下へスクロール。端末補償オプションは不要にしました。「次へ」を選んで進みます。

オプション選択

各種オプション申し込み画面です。オプションが不要なら、チェックする必要はありません。筆者は一切何も付けてません。

ちなみに、下へスクロールすると画面右下に現れる、「明細はこちら」というボタンを押すと。

支払い金額が一覧で表示されます。申し込みの最後でも確認できますが、あらかじめここで金額を確認することができます。

一番下までスクロールして「次へ」を選びます。

申し込むSIM枚数を選択

申し込み内容の確認画面が出ます。確認して、下へスクロールします。

もう一枚SIMを申し込むかを問われます。「しない」を選んで、「次へ」を選びます。

重要説明事項の確認

申し込み内容の下に、重要説明事項の確認が出てきます。

「重要説明事項」のボタンを選ぶと。

規約が出てきますので、読んでから「同意する」を選びます。

すると、左のボックスにチェックが入ります。

下2つについても同様に確認して、全てのボックスにチェックが入れば、「次へ」が選べるようになります。

MNP予約情報の入力

MNP情報の入力です。「SIM利用者と同じ」を選択します。

楽天モバイルから発行されたMNP予約番号を確認しながら、全て入力します。入力間違いに気を付けましょう。mioIDでログインした場合は、mioIDの登録住所を自動入力できて、ちょっと楽です。

住所の下にも、入力は続きます。全て入力すれば「次へ」で進めます。

mioIDの所有有無について

mioIDにログインしていれば、この画面は表示されません。本人確認書類の提出に進みます

mioIDにログインしていない場合は、mioIDを所有しているかを聞かれます。

mioIDをお持ちなら、「持っている」を選んでログインしてください。本人確認書類の提出に進みます。

mioIDをお持ちでなければ、「持っていない(新規登録する)」を選んで、手持ちのメールアドレスを入力します。「メールを送信」を選ぶと、アドレス宛に認証コードが届きます。認証コードを入力すると、ログインパスワード、契約者氏名(ローマ字)、クレジットカード情報の入力を求められます。全て入力したら、「次へ」を選びます。本人確認書類の提出に進みます。

本人確認

最後は本人確認書類の提出です。書類の種類を選んでから、書類データをアップロードしましょう(あらかじめ書類の画像データを準備しておかないと、ここで詰まります)。

書類の種類や選択肢に基づいて、アップロードする枚数は変わります。例えば、運転免許証なら1枚で済みます(ただし、免許証の住所変更があれば、表裏で計2枚)。

最終確認

本人確認書類のアップロードが終わると、MNP申し込みの最終確認画面になります。申し込み内容が一覧で表示されますので、申し込み間違いが無いかよく確認しましょう。必要なら印刷(またはPDF出力)して記録を残しておきましょう。

下にスクロールすると、確認事項があります。左のボックスをクリックすれば、チェックが入ります。全てにチェックを入れて「申し込む」ボタンを押せば、申し込み完了です。

申し込み完了画面に推移します。mioIDに登録しているアドレスには「申し込み完了メール」が届きます。

MNP申し込み完了後

スマホとSIMの到着までの日数

筆者の場合、下記のようなスケジュールでした。

申込7月28日夜
本人確認の完了7月30日
スマホ・SIM発送8月2日
スマホ・SIM受取8月3日

土日を挟んで、5日ほどでした。土日を挟まなければ、もう少し早くなる可能性があります。

ただし、IIJmioへの申し込みが混んでいると、遅れることもあるようです。

スマホとSIMはクロネコヤマトの宅急便で届きます。本人確認を兼ねるため、宛先以外への転送はできません。

荷物受け取り時に、本人確認書類を掲示するものだと思っていましたが、荷物の住所について確認を求められただけで、特に掲示せずに荷物を受け取れました。

MNP回線切り替えの実施

IIJmioから届いたSIMをスマホに挿す前に、MNP回線切り替えを実施します。

手続き方法については、説明書が同封されてます。

利用可能ならスマホでも固定電話でもいいので、IIJmioオンデマンド開通センターに電話します(フリーダイヤルありがたい)。

手続きは自動音声で進みます。ダイヤルボタンの2(携帯電話番号ポータビリティ)を押して、「乗り換え対象の電話番号」と「SIMカードのICCID下4桁」を入力したら完了です。

10分くらいで、IIJmioの回線が使えるようになります。同時に、MNP元の楽天モバイル回線は使えなくなり、解約手続きも完了します(楽天モバイルから、解約お知らせメールが来ます)。

まとめ

「IIJmioの住所、後で編集できるかな~」と横着した筆者は、「MNP前後の住所が一致しません」と言われて、申し込みがやり直しになりました(笑)

しっかり準備してから申し込んで、お得にスマホをゲットしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました