PDA工房 Kindle Paperwhite 第10世代 Perfect Shield 保護フィルム – 高品質なKindle Paperwhite用 液晶フィルム

先日購入したKindle Paperwhite用に液晶フィルムを購入しました。

個人的に(ガラスフィルムより)樹脂フィルムが好みです。今回も樹脂フィルムを選びました。

スポンサーリンク

開封

PDA工房の液晶フィルムです。

PDA工房のフィルム製品は、筆者が懇意にしているアクセサリーメーカーの1つです。品質と価格のバランスが良く、製品ラインナップとしては「かゆいところに手が届く」展開が多いと思います。

反射を抑えるノングレアタイプです。

Kindle Paperwhite 第10世代(2018年11月モデル)は、表面全体が液晶パネルになっているため、液晶フィルムも全面に装着するタイプになっています。

開封すると、液晶フィルムの他、説明用紙が入っています。クロス類は入ってません。

この液晶フィルムは3層になっており、表と裏にそれぞれ貼られている製品保護フィルムを剥がして、液晶へ貼り付けます。

まずは、1番のフィルムを剥がして、Paperwhite本体液晶に貼り付けます。

その後、2番の表面保護用フィルムを剥がして完成となります。

液晶フィルムを貼り付けた状態です。

スマホに比べるとPaperwhiteはサイズが大きく、フィルムが液晶全体にピッタリ貼れるサイズなこともあり、貼り付けはやや難しめかもしれません。

しかし、本製品は貼り直しが効きますので、納得いくまでトライできます。

2番の表面保護フィルムを剥がす前(=フィルムを完全に貼り付ける前)に、位置合わせを完了させるのがベターです。

2番の表面保護フィルムを剥がした後は、セロハンテープなどで液晶フィルムを端からを剥がすことができます。大きなホコリが入ってしまったときは、この方法で液晶フィルムを持ち上げて、別のセロハンテープなどでホコリを除去することができます。

感想

Kindle Paperwhiteは液晶フィルムが無くても使えますが、貼り付けている方が安心して使えます。

ノングレアタイプですが、透明度が高くて視認しやすく、文字潰れはありません。

フィルム表面がサラサラしているので、スワイプ操作がしやすいです。

総じて、大変満足です。

無い物ねだりかもしれませんが、ラスタバナナやレイ・アウトのフィルムのように、位置合わせして一発で貼れるような機構があったら、なお良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました