スマホを買ったらチェックすることリスト

スマホに初期不良が無いかのチェックポイントについて、リストにしました。

主にAndroidスマホを想定した項目になっています。

スポンサーリンク

充電できるか?

充電器とケーブルをつないで、スマホを充電しましょう。

充電が可能か、満タンまで充電できるかを確認しましょう。

電源は付くか?

異常も無いのに、電源が付かなかったら初期不良です。

バッテリー残量が無いと電源が付きません。

充電できるか、バッテリー残量があるか、電源を付ける前に予め確認しましょう。

バッテリーは正常か?

言い換えるなら「異常なバッテリーの減りは無いか」です。

充電もできるし、電源も付くけど、バッテリーの減りが異常に早くて使い物にならない、なんて初期不良も存在します。(バッテリーの減りが凄いけど正常です、とメーカーが言い切る機種も存在しますが・・・。)

スマホを使いながら、バッテリ-の減り具合を確認しましょう。

Androidの場合、「設定」→「バッテリー」にて、バッテリーの減り具合をグラフで見ることができます。

Wi-Fiはつながるか?

Wi-Fi経由でインターネットがつながるか、確認しましょう。

指紋認証は正常に使えるか?

指紋認証機能がある場合、正常に機能するかどうか、設定と確認を行いましょう。

基本的にiPhoneやAndroidでの不具合は少ないです。

しかし、パソコン(Windows)での指紋認証トラブルは意外とあります。

スマホについても、予め確認しておく方が良いです。

通話マイクは使えるか?

通話マイクの動作を確認しましょう。

通話中に自分の声が相手に聞こえるか、の確認です。

実際に電話をかけても良いですが、SkypeやTeamsなどのアプリを使って、マイクテストを行うのがおすすめです。

1人で確認できますし、通話料もかかりません。(インターネット通信量は消費します)

マイクテストだと、通話用スピーカーの動作チェックも合わせて行えます。

通話用スピーカーは鳴るか?

通話時に相手の声が聞こえるか、確認をします。

こちらも、SkypeやTeamsアプリでのマイクテストで確認できます。マイクテストでは、自分で話した声を、自分で聞くことで、マイクとスピーカーの動作を同時に確認できます。

スピーカーは鳴るか?

汎用スピーカーが動作するか確認しましょう。youtubeなどで動画視聴して、音が聞こえたらOKです。

音量調節に問題が無いかも確認しておきましょう。

各SIMポートは正常に動くか?(テザリング含めて確認)

SIMカードが正常に機能するか確認しましょう。

最近のスマホは2つのSIMポートを持つ機種が多いので、各ポートとも動作チェックをしておきましょう。

テザリングができるSIMを使っているなら、それも機能するか確認しましょう。

microSDは正常に読み込めるか?

microSDが正常に使えるか、確認しましょう。

カメラ画像の保存先をmicroSDにして、いくつか写真を撮ります。

撮った写真がmicroSDに保存されているか、確認をします。

イヤホンジャックは機能するか?

イヤホンジャックがある機種は、イヤホンを挿して音が聞こえるか、動作確認をしましょう。

Bluetoothは機能するか?

Bluetooth機器を接続して、正常に機能するかを確認します。

筆者はBluetoothイヤホンを無線接続して検証してます。

カメラは正常に使えるか?(イン・アウト含む)

スマホカメラが正常に動作するか確認しましょう。

アウトカメラ・インカメラなど、複数のカメラがあれば、いずれも写真を撮れるか確認しておきましょう。

多機能なカメラの場合、それぞれの機能についても動作確認をしておきましょう。(ワイド、連射、タイムラプスなど)

アンチウイルスソフトを入れよう

動作チェックではありませんが、スマホを使用する前に、アンチウイルスソフトをインストールしておきましょう。

とりあえずは有名メーカーの無料版で構いません。筆者はavastを入れています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました