AMDの新CPU Ryzen 6000シリーズが来る!GPU性能が前世代機の2倍?

Intelが第12世代モバイルCPUのリリースを始めた一方、AMDはモバイル用CPU Ryzen6000シリーズのリリースを始めました。

下記がAMD Ryzen 6000シリーズの一覧になります。

CPU名コア数/
スレッド数
ブースト
最大Hz
キャッシュTDPGPU
CU数
AMD Ryzen9 6980HX8/165.0GHz20MB45W+12
AMD Ryzen9 6980HS8/165.0GHz20MB35W12
AMD Ryzen9 6900HX8/164.9GHz20MB45W+12
AMD Ryzen9 6900HS8/164.9GHz20MB35W12
AMD Ryzen7 6800H8/164.7GHz20MB45W12
AMD Ryzen7 6800HS8/164.7GHz20MB35W12
AMD Ryzen5 6600H6/124.5GHz19MB45W6
AMD Ryzen5 6600HS6/124.5GHz19MB35W6
AMD Ryzen7 6800U8/164.7GHz20MB15-28W12
AMD Ryzen5 6600U6/124.5GHz19MB15-28W6

Ryzen 5000シリーズも新モデルが3つありましたが、上記の表では除外しています。

スポンサーリンク

Ryzen 6000シリーズはGPU性能が大幅強化される

AMD 6000シリーズではGPUアーキテクチャが変更されます。

Ryzenで長年使われたアーキテクチャであるVegaから、現行アーキテクチャであるRDNA2へ変更されます。

GPU性能も大幅向上するとのことです。

新型CPU Ryzen7 6800UのGPU性能をまとめると下記になります。

  • AMD Ryzen7 5800Uの2倍
  • Intel Core i7-1165G7の1.2倍~3倍
  • GeForce MX450の1.1倍~2.5倍

なお、Ryzen7 6800Uは薄型モバイルパソコン向けCPUです。

GPU性能はRyzen7 5800Uの2倍

Ryzen7 5800UはRyzen7 6800Uの先輩にあたるCPUです。

HP Pavilion Aero 13などに搭載されています。

GPU性能に限らず、一世代の違いで性能が2倍になることは稀です。

VegaからRDNA2への刷新は、それほど大きい変化点だということです。

Intel第11世代のGPU性能を超えている

Intel Core i7-1165G7はIntel第11世代モバイル用CPUの一つです。

薄型モバイルPC用Core i7の基本型なので、CPU性能が高めです(ただし、クリエイター用/ゲーミング用には劣る)。IrisXeグラフィックスを搭載しているため、モバイル用にしてはGPU性能も高めです。

AMD Ryzen7 6800Uと同じ立ち位置なので、直接のライバル関係にあるCPUになります。

ベンチマークの具体的な数値(フレームレート)は未発表ですが、どのゲームにおいてもRyzen7 6800UはIntel Core i7-1165G7のフレームレートを超えています。

エントリーdGPUの性能を超える

GeForce MX450はNVIDIAのエントリーdGPUです。

dGPUとは、ディスクリートGPUのことです。CPUとは別の部品になったGPUです。

NVIDIA GeForceの製品名は、アルファベットと数字の並びになっています。

製品名で序列が分かるようになっていて、アルファベットは製品グレードを表しています。

NVIDIA GPU名
アルファベット
製品例グレード
RTXRTX3090
GTXGTX1660
MXMX450

GeForce MX450はIntel Core i7-1165G7よりも少し高いGPU性能を持っています。

Ryzen7 6800Uはそれすらも上回るとのことです。

軽いゲームならRyzenでもこなせるように

CPU内蔵グラフィックスの性能において、AMD RyzenがIntel Coreに追いついた形になります(むしろ追い越した様子)。

今後はRyzenモバイル用CPUにおいても、軽いゲームなら難なく動かせるようになりそうです。

GPU性能を重視するならRyzen7以上を

ただし、GPU性能が大幅に向上するのはRyzen7以上(Ryzen7・Ryzen9)限定とみた方が良いです。

Ryzen 6000シリーズの内蔵GPUは、いずれもRDNA2アーキテクチャを採用していますが、Ryzen5はGPUのCU数が半減しています。

そのため、Ryzen5においては「GPU性能が前世代の2倍」が当てはまらない可能性が高く、注意が必要です。

電力効率はIntel第12世代の2倍以上

AMD Ryzen6000シリーズは電力効率についても大きく向上します。

ゲーミング/クリエイター向けCPUのAMD Ryzen 9 6900HSは、同じカテゴリーのIntelCPUであるIntel Core i9-12900HKの2.62倍の電力効率を誇るとのこと。

CPUの最大スコアはCore i9-12900HKの方が高いです。ですが、これは電力を大量に使って達成しているイメージです。つまり、燃費が悪い。

消費電力あたりの性能ならRyzen 9 6900HSの方が圧倒的に高性能。言い換えれば燃費が良い。ちょっとの電力で十分動かせるようです。

これまでのAMD Ryzenはバッテリー持ちの悪さが弱点でした。しかし、最新世代では、Intel第12世代モバイルよりもRyzen6000モバイルの方がバッテリー持ちが良さそうです。

その他の細かな改良点

そのほかに以下の改良点があります。

  • メモリがLPDDR5、DDR5に対応
  • USB4対応
  • Wi-Fi6E対応
  • Bluetooth5.2対応
  • PCIe4.0対応
  • ディスプレイ出力は最大4画面をサポート
  • DisplayPort 2およびHDMI 2.1に対応

メモリやインターフェイス、ネットワークがより高速な規格・機器に対応しています。

Ryzen 6000シリーズを待つべき?

Ryzen6000シリーズにおけるGPU性能・省エネ性能の向上は著しいです。

すぐにRyzen搭載ノートパソコンが必要、と言う方以外は、Ryzen6000シリーズ搭載モデルを待った方が良いと思います。

ただし、ここまでにも書きましたが、Ryzen5はGPU性能の大幅向上が望めない可能性があります。注意しましょう。

出典

マイナビニュース:AMD、CES 2022でRyzen 6000 MobileとRadeon RX 6500 XTなど発表 – Zen 4の予告も
https://news.mynavi.jp/article/20220105-2243393/

PC Watch:Ryzen 6000モバイル版で遂にGPUにてこ入れ。Zen3+とRDNA2で性能大幅引き上げ
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1378220.html

PC Watch(笠原一輝のユビキタス情報局):AMDのモバイルハイエンドCPU「Ryzen 6000シリーズ」、その高性能の秘密
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ubiq/1389277.html

PC自由帳:【モバイル版】Ryzen 6000シリーズの性能を発表内容から雑に予測【性能比較】
https://pcfreebook.com/article/ryzen-6000-mobile-spec-predict-2022-2.html

AMD:AMD Unveils New Ryzen Mobile Processors Uniting “Zen 3+” core with AMD RDNA 2 Graphics in Powerhouse Design
https://www.amd.com/en/press-releases/2022-01-04-amd-unveils-new-ryzen-mobile-processors-uniting-zen-3-core-amd-rdna-2

コメント

タイトルとURLをコピーしました