「マネーフォワードME」から「Zaim」への家計簿データ移行方法

家計簿アプリのデータ移行をしたので、記事にしました。

うまく行かずに悩んだところもありましたが、自己解決できたので、やり方を載せています。

スポンサーリンク

なぜZaimへ移行したのか

下記理由のためです。

  • マネーフォワードMEの無料会員は、直近1年間の家計簿データしか見れないから(有料で使う気がなかった)。
  • Zaimは無料会員でもデータインポートが利用できるから(ただし、会員区分に限らず、サポート対象外)。

「サポート対象外」を要約すると「機能は残してあるけど、Zaimとしてはサポートできないから、使うなら自力で何とかしてね」という意味になります。

「そんなの酷い」と思う方もいるかも知れませんが、インポート機能があるだけでも、ありがたいです。

家計簿アプリダウンロード数3強(らくな家計簿・マネーフォワードME・Zaim)の中で、家計簿データインポートが無料会員で利用できるのはZaimだけです。

マネーフォワードMEは無料・有料に関わらず、インポート機能自体が廃止されました。

らくな家計簿のインポート機能は有料会員限定です。

データ移行に必要なもの・こと

Windowsパソコン

「マネーフォワードME」も「Zaim」も、スマホアプリはデータの入出力に対応していません。

パソコンのブラウザから各アプリへログインして、作業する必要があります。

Macパソコンでも作業できるとは思いますが、筆者は未所持のため未検証です。

デスクトップ版Microsoft Excel

Excelのマクロ機能を使用しますので、デスクトップ版のMicrosoft Excelが必要です。

デスクトップ版Excel単体、Office Personal、Office Home and Business、Office Professional、いずれでも構いません。

マクロ機能が使用できないOffice Online等では作業ができません。

Excelを使うため、やはりパソコンは必須です。

マネーフォワードMEへの有料会員登録

マネーフォワードMEで家計簿データをエクスポートするには、有料会員への登録が必要です。

有料会員を初めて利用するアカウントの場合、1ヶ月間無料で登録できます。

有料会員登録はスマホアプリからできます。

Androidスマホの場合、支払いはGoogle Playを経由します(iPhoneは未所持のため、わかりません)。

定期購入の扱いになるので、有料会員登録時に支払い方法を指定する必要があります。

Google Playの残高を確保しておくか、クレジットカードなどの支払い方法を登録する必要があります。

作業手順

たこぶつさんのホームページを見ながら作業しました。

今回のケース以外にも、様々な家計簿アプリの移行について網羅されています。

マジ凄いです(語彙力)。

たこぶつの家計簿アプリ研究所
家計簿アプリ間で相互にデータを変換する方法を研究するブログです。

具体的には、下記のページを読んで作業しました。

たこぶつの家計簿アプリ研究所:家計簿アプリ間データ変換ツール「MFFマクロ」公開中
https://takobutsu.blogspot.com/p/mff.html

たこぶつの家計簿アプリ研究所:マネーフォワードMEからダウンロードしたデータを他の家計簿アプリ向けに変換する
https://takobutsu.blogspot.com/2020/07/moneyforward004.html

たこぶつの家計簿アプリ研究所:Zaimに他の家計簿アプリから変換したデータをアップロードする
https://takobutsu.blogspot.com/2020/07/zaim006.html

家計簿データの移行作業は、大きく以下5つのトピックに分かれます。

  • マネーフォワードMEから家計簿データをエクスポートする
  • MFFマクロExcelファイルを作成する
  • カテゴリーリストファイルを作成する
  • エクスポートデータの変換作業
  • Zaimへのインポート

以下の3つのファイルを準備して、Zaimへのインポート用ファイルを作ります。

  • エクスポートした家計簿データのまとめ
  • MFFマクロExcelファイル
  • カテゴリーリストファイル

マネーフォワードMEから家計簿データをエクスポートする

家計簿データのエクスポート

マネーフォワードMEの家計簿データをエクスポートします。

エクスポートが利用できるのは有料会員のみです。

また、家計簿データのエクスポートは、1ヶ月分ずつしかできません。

複数月に渡る場合は、その月の分だけエクスポート作業を繰り返す必要があります。

作業としては、まずパソコンのブラウザからマネーフォワードMEへログインします。

「家計」のタブを開き、家計簿データをエクスポートしたい月を選びます。

ページ下の方にある、「家計簿データの出力(Excel、CSV形式対応)」の「ダウンロード」ボタンを押します。

「CSVファイル」と「Excelファイル」の選択肢が出てきます。選んだ方の様式で、データがダウンロードできます。

ダウンロードはどちらの様式でも構いません。

ただし、このデータはCSVファイルとしてExcelに読み込んで使いますので、1ヶ月分のデータだけでよいならCSVファイルを指定した方が早いです。

データが複数月にわたる場合は、Excelでの編集が必要になりますので、Excelファイルでエクスポートした方が作業しやすいかも知れません。

家計簿データが複数月にわたる場合は1つにまとめる

マネーフォワードMEからエクスポートした家計簿データが、複数月にわたる場合は、そのデータを1つのファイルにまとめておく必要があります。

エクスポートしたデータを1つずつExcelで開いて、地道にコピー&ペーストを繰り返して1つのデータにまとめます。

まとめた家計簿データをCSVで保存する

複数月にわたる家計簿データを1つにまとめたら、CSVでファイルを保存します。

ファイルは「CSV(コンマ区切り)」で保存してください。

(「CSV UTF-8(コンマ区切り)」で保存すると、後々の作業で文字化けしてしまいます)

MFFマクロExcelファイルを作成する

MFFマクロExcelファイルの作成

たこぶつさんの下記ページに、MFF(むふふ)マクロのコードが載っています。

MFFマクロの導入法と使用法
家計簿アプリ相互間データ変換ツール「MFFマクロ」をMicrosoft Excelに導入する方法、および使用方法について解説している。MFFマクロは、Excelのクイックアクセスツールバーに登録したアイコンをクリックすることで、そのときのワークシートの状態に応じた動作をするようになっている。

エクスポートした家計簿データを、インポート用のデータへ変換するためのマクロ(正確にはVBAコード)です。

これを使って、MFFマクロを搭載したExcelファイルをつくります。

上記ページリンクのMFFファイルをブラウザで開き、全コードをコピーして、メモ帳などへ貼り付けます。

次に、メモ帳に貼り付けた全コードをコピーします。

Excelで新規ファイルを開き、「開発タブ」の「Visual Basic」を開きます。

画面左のツリーから「VBAProject(ファイル名)」を右クリックしてメニュー開いて、「挿入」→「標準モジュール」を選びます。

標準モジュールが挿入され、開きますので、先ほどメモ帳からコピーしたコードを貼り付けましょう。

後は、「名前を付けて保存」すればOKです。

ファイル名は任意で構いません。

マクロを搭載したファイルなので、ファイルの種類は「Excel マクロ有効ブック」で保存します(これにより、ファイル拡張子は.xlsmになります)。

VBAのコードを1行追加する

筆者が利用させてもらったマクロコードはVer2.31でしたが、このままだと定義エラーによりマクロが動かない部分があるので、コードを1行追加します。

プロシージャ「Private Sub CSVファイル出力(家計簿ソフト名 As String, 文字コード As String)」のすぐに下の行に、次の一文を追加します。

Const adTypeBinary = 1

Visual Basicのモジュール内でも、Ctrl+Fキーで文字検索が使えますので、上記プロシージャを探すときに便利です。

コードの追加は、あくまで今回の作業のためです。

たこぶつさんのMFFマクロは非常に多機能です。コードの追加が他の機能に影響を与えないかは分かりかねます。

カテゴリーリストファイルを作成する

カテゴリーリストの作成

Zaimの勘定科目に合わせて、カテゴリーリストをExcelファイルで作ります。

ここで作ったファイル(リスト)が、Zaimへインポートする際の勘定科目になります。

以下ページは、ACFマクロに関する説明がメインですが、カテゴリーリストについての説明と作り方が載っています。

ACF機能の動作と操作法
家計簿アプリ相互間データ変換ツール「MFFマクロ」には、口座名称および費目を変換する操作を支援する「ACF」機能を備えている。一種の学習機能により、家計簿アプリの費目構成に合致したデータをCSVファイルとして出力することができる。

作成したカテゴリーリストをCSVで保存する。

カテゴリーリストが完成したら、「CSV(コンマ区切り)」で保存します。

ファイル名は

Zaimカテゴリーリスト

で保存してください(拡張子を含めると、”Zaimカテゴリーリスト.csv”というファイル名になります)。

ちなみに…。

誤って「CSV UTF-8(コンマ区切り)」で保存すると、後々マクロを動かした際に文字化けしてエラーが起きます。

また、ファイル名を間違えた場合もマクロが動きません。ご注意ください。

エクスポートデータの変換作業

「マネーフォワードMEから家計簿データをエクスポートする」の章でまとめたエクスポートデータを、Zaimへインポートできるデータに変換する作業です。

今回の作業の中で一番ボリュームがあり、メインとなる作業です。

CSVで保存したエクスポートまとめデータをMFFマクロで読み込む

MFFマクロExcelファイルを開いて、MFFマクロを動かします

たこぶつさんのホームページでは、マクロのショートカットを作成していますが、それが無くても動かせます。

Excelの「開発タブ」から「マクロ」を選択すると、ファイルに搭載したマクロを選んで、起動することができます。

MFFマクロを起動すると、読み込むデータを指定されるので、エクスポートデータをまとめたCSVファイルを指定します。

「マネーフォワードのデータをMFF形式に変換します」と表示されるので「はい」ボタンを選びます。

これにより、たこつぼさんが「MFF形式」と呼んでいるリストデータができあがります。

ファイルを上書き保存しておきましょう。

ACFマクロを走らせて、ACF形式へ変換する

先ほど保存したファイルと同じフォルダに、ファイル”Zaimカテゴリーリスト.csv”を入れておきます

D1セルのドロップダウンリストから”Zaim”を選びD1セルをアクティブにした状態でACFマクロを動かします

このとき「~Zaim変換リスト.csvが存在しません」というメッセージが表示されますが、無視して構いません。「OK」を選択しましょう。

これにより、たこつぼさんが「ACF形式」と呼んでいるデータリストに変換されます。

勘定科目をZaim用に調整する

マネーフォワードMEで入力した勘定科目のほとんどは、そのままZaimで使えません。

ACF形式リストでは、各データについてZaimへ移行する際の勘定科目を入力します。

黄色く塗られたセルが、Zaimへ読み込めない勘定科目です。これを入力していきます。

勘定科目の値は、ドロップダウンリストから選べるようになっています。

リストを確認しながら、Zaim用の勘定科目を選んでいきます。

なお、全データを1つずつ直していく必要はありません

ときどき、D1セルをアクティブにして、ACFマクロを動かしてください。

マクロによって勘定科目の再チェックが入ります。

このとき、Zaimの勘定科目が既に入力済みの記録については、マクロが「マネーフォワードME側の勘定科目」を自動でチェックしてくれます。

同じ内容の記録があれば、マクロがZaimの勘定科目を自動的に入力してくれます(凄い便利!)。

黄色いセルが全て水色になる(Zaimの勘定科目の入力が終わる)まで、作業を続けます。

ときどき、上書き保存をして、作業内容が消えないように進めましょう。

データをMFF形式へ再変換する

勘定科目を指定し終えたら、A1セルをアクティブにしてACFマクロを動かします

この操作により、MFF形式リストへ再変換されます。

同時に、現在使用中のファイルと同じフォルダに「Zaim変換リスト.csv」というファイルが保存されます(今回は特に使いません)。

Zaimアップロード用のCSVファイルを保存する

D1セルをアクティブにして、MFFマクロを起動します

CSVファイルの保存名を決めるよう促されます。ファイル名は任意で構いません。

ここで保存したCSVデータが、Zaimへ読み込むためのファイルです。

Zaimへのインポート

冒頭にも書きましたが、Zaimは「サポート対象外」ながら、家計簿データのインポート機能が利用できます。

このインポート機能は、無料会員でも利用することができます。

インポート機能を使用するには、パソコンのブラウザからZaimにログインしてください。

インポートのテスト用データを準備する

いきなり全データをインポートした場合、何らかのミスがあった時の修正が大変です。

そのため、インポートのテストを行うことをオススメします。

Zaimへのインポート用CSVデータをコピーで複製します。

複製したファイルを編集して、テスト用データを作成します。

例えば、初めの5行だけを残して、残りの記録を削除します。

初めの1行はカラム名(列名)が入るので、4行のレコード(記録)だけでデータインポートのテストを行います。

テストでインポートするデータの量は任意で調節してください。

あまりたくさんのデータをインポートすると、後からデータを削除するのが大変です(なぜデータを削除するかは後述)。

4件以上だとしても、少なめにした方がよいでしょう。

インポートのテストを行う

パソコンのブラウザからZaimにログインします。

画面右上の「設定」から、「ファイル入出力」を選びます。

「入力」の「Zaim の出力ファイルをアップロードする」を開きます。

「クリックしてアップロードするファイルを指定」を選ぶと、ファイル選択ウインドウが表示されます。テスト用のインポートファイルを選びます。

「アップロード」を選べば、データがインポートされます。

4行(=4件)の記録が正しくインポートされているか確認します。

インポートテストで入力したデータを削除する

Zaimのインポート機能は記録の「上書き登録」がありません

同じデータをインポートすると、記録が重複してしまいます。

そのため、インポートテストで登録した4件の記録を削除します。

インポートテストでたくさんのデータを入れた場合、記録の削除が大変です。

少ないデータでテストを行うのは、そういう理由です。

本番データのインポートを行う

インポートのテストがうまく行っていれば、本番データのインポートで失敗するリスクを下げられます。

先ほどと同じ手順で本番データをインポートします。

なお、データ量が増えるほど、インポートには時間がかかります。

「インポート完了」の旨が表示されるまでは、ブラウザを閉じたりせず待ちましょう。

インポートが終わったら、家計簿データの移行は完了です。お疲れ様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました