新しいNintendo Switchにアルバム(画像・動画)を移行する、最も早い方法

(2022年9月17日 更新)

先日、新しいNintendo Switch Liteを購入して、データ移行を行いました。

「あつまれ どうぶつの森」のデータ移行に身構えていましたが、こちらは案外簡単に終わりました。

一方、「アルバム(画像・動画)の移行」は簡単だと思っていたのですが、横着したばかりに余計な手間がかかりました。忘備録として書いておこうと思います。

なお、Nintendo Switch LiteでもNintendo SwitchでもNintendo Switch 有機ELモデルでも、やり方は同様です。

ちなみに、Nintendo Switch本体は変えないけど、microSDカードの容量が足りないからデータ移行したい、という人はコチラへ

Nintendo Switchに挿しているmicroSDカードの容量が足りない!新しいmicroSDカードに移行する手順
microSDカードの容量が足りない時の移行方法です。
スポンサーリンク

アルバムを移行する最も早い方法

それは「古いSwitchのアルバムデータをmicroSDカードにコピーして、新しいSwitchで使う」です。

方法としてはシンプルですが、2022年9月現在もこの方法が一番速いと思います。

microSDカードを1枚だけ使って、新しいSwitchへアルバムデータを引き継ぐ手順を紹介します。

なお、microSDカードは保存容量の大きさにより名称が変わります(microSD、microSDHC、microSDXC)が、このページではmicroSDカードで名前を統一しています。

microSDカードのメーカーですが、筆者はSamsungを推します。筆者が購入したmicroSDカードの中で、これまでトラブルの発生がありません。

古いSwitchのアルバムデータをmicroSDに保存する

Nintendo Switchは、microSDカードを挿しこむと、アルバムデータをmicroSDに保存することができます。

これまで本体ストレージにアルバムを保存していた場合は、microSDカードへまとめてコピーできますので、本項で手順を解説します。

すでにmicroSDカードにアルバムを保存している場合は、この作業はスキップして次項へお進みください。

まずはSwitchの電源を切った状態でmicroSDカードを挿入してください。

microSDカードを挿入したら、Switchの電源を入れます。

ホーム画面から「設定」を選びます。

「データ管理」→「画面写真と動画の管理」と進みます。

「本体保存メモリー」を選びます。

「すべての画面写真と動画をSDカードにコピー」を選びます。これで、Switch本体に保存されているアルバムデータがmicroSDカードにコピーされます。

microSDのアルバムデータをWindowsパソコンにコピーする

次に、アルバムデータのバックアップを取ります。操作を失敗しない限り、バックアップデータを利用することはありません。念のためです。

Windowsパソコンを持っていない方は、この作業をスキップしても構いません。この作業のためだけにパソコンを買うのは、コストが見合わないと思います。

Switchから取り出したmicroSDカードをWindowsパソコンで読み込んで、アルバムデータをコピーします。SDカードリーダーがない場合は、USB式のカードリーダーを別途購入して、Windowsパソコンで読み込んでください。

筆者が使用しているmicroSDカードリーダーです。

取り出したmicroSDカードのルートディレクトリ(最上階層)には「Nintendo」という名称のフォルダがあります。これをWindowsパソコンの任意のフォルダへコピーして保存します。

microSDを新しいSwitch本体に挿しこんで起動する

Windowsパソコンへのバックアップを取ったら、microSDカードを新しいSwitchに挿しこみます。

Switchを起動すると、次のような画面が現れます。

出典:https://www.nintendo.co.jp/support/switch/data_management/microsdcard/index.html#used

ここで「消去する」をタップすれば、Switch本体が再起動されて、新しいSwitchで元のmicroSDカードを使えるようになります(アルバムデータは消えません)。

なお、「消去する」を選ぶことにより、microSDカードに入っている以下のデータは消去されます。

  • ダウンロードソフト
  • ソフトの更新データ
  • 追加コンテンツ

ですが、これらのデータを新しいSwitchへ直接移行する方法はありません。いずれも新しいSwitchで再ダウンロードが必要になりますので、問題ないと思います。

「消去する」をタップして、Switchが再起動したら、アルバムデータを閲覧してみてください。これまでのアルバムデータが残っています。これで作業完了です。

microSDカードを新しいSwitchでフォーマットしないこと!

microSDカードは「設定」メニューから、手動フォーマットを行うこともできますが、絶対に手動フォーマットは実施しないでください!

手動でフォーマットすると、アルバムデータを含めてmicroSDカードにあるデータは全て消えます

新しいSwitchでmicroSDの手動フォーマットは絶対しないで!

下記いずれかの方法でやり直すことはできます。

  • 古いSwitch本体にアルバムデータがあれば、microSDカードへコピーしなおす。
  • Windowsパソコンでバックアップしたアルバムデータを使って復元する。

しかし、「古いSwitchのアルバムデータはmicroSDカードの中だけ」かつ「Windowsパソコンでアルバムデータのバックアップを取ってない」状態だと、アルバムデータを取り戻すことはできなくなります。

応用:2枚のmicroSDカードを準備してアルバムデータを移す

ここからは違うパターンを解説します。

古いSwitchのmicroSDカードにアルバムデータがある状態で、新しいSwitchには別のmicroSDカードを準備して、アルバムデータを移行したい場合です。

Switchのみで行う方法と、Windowsパソコンを用いる方法があります。

Switchのみを使う方法Windowsパソコンを使う方法
メリット・Switchのみで完結する。
・コピーにかかる時間が短い。
特定の条件なく作業可能
デメリットある条件を満たさないと作業できない。・Windowsパソコンが必要。
・コピーにかかる時間が長い傾向。

Switchだけで行う方が、作業時間は短くなる傾向があります。ただし、ある条件を満たさない場合、Switchだけでの移行作業はできません(=Windowsパソコンを使う必要がある)。

Switchのみを使う

SwitchのみでmicroSDカード間のアルバムデータの移行を行うには、ある条件があります。

この手段では、アルバムデータをmicroSDカードと本体ストレージの間で行き来させます。

しかし、Switchのアルバムデータには、保存件数に下記の限度があります。この数を超えて、アルバムデータを保存することはできません。

本体ストレージmicroSDカード
画像1,000枚10,000枚
動画100件1,000件

つまり、microSDカード内のアルバムデータ数が、下記2つの条件(本体ストレージに保存できるアルバムデータ件数)を満たしている必要があります。

  • 画像データが1,000枚以下
  • 動画データが100件以下

どちらか片方でも条件を満たさない場合、Windowsパソコンを使うしか方法はありません。

Switchで完結する作業方法としては上図のように、古いSwitch本体を経由して、アルバムデータを新しいmicroSDカードへコピーする形になります。具体的な手順は次の通りです。

  • 古いmicroSDカードのアルバムデータを、古いSwitch本体ストレージにコピーする。
  • 古いSwitch本体に新しいmicroSDカードを挿して、本体ストレージのアルバムデータをコピーする。
  • 新しいmicroSDカードを新しいSwitchに挿して使用する。
  • 古いSwitchの本体ストレージのアルバムデータを消去したあと、古いmicroSDカードを挿す。

古いmicroSDカードのアルバムデータを、古いSwitch本体ストレージにコピーする

microSDカードA(古いmicroSDカード)のアルバムデータを、スイッチA(古いスイッチ)にコピーします。

「設定」⇒「データ管理」⇒「画面写真と動画の管理」と進み。

「SDカード」を選んで。

「すべての画面写真と動画を本体保存メモリーにコピー」を選びます。

これで、microSDカードAのアルバムデータが、スイッチAにコピーされます。

古いSwitch本体に新しいmicroSDカードを挿して、本体ストレージのアルバムデータをコピーする

スイッチA(古いスイッチ)の電源を切り、microSDカードA(古いmicroSDカード)を取り出します。

スイッチAにmicroSDカードB(新しいmicroSDカード)を挿して電源を入れます。

先ほど本体ストレージにコピーしたアルバムデータを、microSDカードBへコピーします。

「設定」⇒「データ管理」⇒「画面写真と動画の管理」⇒「本体保存メモリー」と進んで、「すべての画面写真と動画をSDカードにコピー」を選びます。

ちなみに、右側にコピーする合計容量が映っていますが、先ほどの画像と容量が一致しないのは、画像をキャプチャしたSwitch本体が異なるためです。microSDカードから入れたデータ量と、microSDカードに出したデータ量は本来一致します。

新しいmicroSDカードを新しいSwitchに挿して使用する

スイッチAの電源を切り、microSDカードB(新しいmicroSDカード)を取り出します。

スイッチB(新しいスイッチ)の電源が切れた状態で、microSDカードB(新しいmicroSDカード)を挿入します。

スイッチBの電源を入れると、次の画面が出るので、「消去する」をタップしてください。

出典:https://www.nintendo.co.jp/support/switch/data_management/microsdcard/index.html#used

スイッチが自動的に再起動します。アルバムデータはmicroSDカードBに残るので、閲覧できます。これでアルバムデータの移行作業は完了です。

古いSwitchの本体ストレージのアルバムデータを消去したあと、古いmicroSDカードを挿す

スイッチA(古いスイッチ)のストレージ本体には、アルバムデータが残っています。

この状態で、スイッチAにmicroSDカードA(古いmicroSDカード)を挿すと、各アルバムデータが2つずつ表示されます(本体とmicroSDカードにそれぞれ同じアルバムデータがあるため)。

そのため、microSDカードAを挿す前に、スイッチAの本体ストレージのアルバムデータをすべて削除します。

「設定」⇒「データ管理」⇒「画面写真と動画の管理」と進みます。

「本体保存メモリー」を選びます。

「本体保存メモリー内の画面写真と動画をすべて消去」を選びます。

本体ストレージのアルバムデータが消去出来たら、スイッチAの電源を切って、microSDカードA(古いmicroSDカード)を挿してください。スイッチAはこれで元の状態に戻ります。

Windowsパソコンを使う方法

Windowsパソコンを使う方法なら、アルバムデータの保存件数に影響なく作業ができます。

しかし、作業の際にアルバムデータ以外(ダウンロードしたゲームデータなど)もコピーを行う形になります。そのため、遊んでいるNintendo Switchのソフトが多いほど、データのコピーに時間がかかる傾向があります。

方法としては上図のようにWindowsパソコンを経由して、アルバムデータを移行する形になります。手順は次の通りです。

  • 古いmicroSDカードのアルバムデータをWindowsパソコンへコピーする。
  • Windowsパソコンへコピーしたアルバムデータを、新しいmicroSDカードへコピーする。
  • 新しいmicroSDカードを新しいSwitchに挿して使用する。
  • 古いSwitchへ、古いmicroSDカードを挿す。

古いmicroSDカードのアルバムデータをWindowsパソコンへコピーする

microSDカードA(古いmicroSDカード)を取り出し、カードリーダーなどを使ってWindowsパソコンで読み込みます。

microSDカードのルートディレクトリ(一番上の階層)にある、Nintendoフォルダをパソコンの任意の場所にコピーしてください。

コピーが完了したら、WindowsパソコンからmicroSDカードAを取り出してください。

一応、「ハードウェアの安全な取り外し」を行ってから、取り外した方がいいと思います。

Windowsパソコンへコピーしたアルバムデータを、新しいmicroSDカードへコピーする

microSDカードB(新しいmicroSDカード)をWindowsパソコンで読み込みます。

microSDカードBの中に、データやフォルダが存在しないことを確認してください。

問題なければ、先ほどWindowsパソコンにコピーしたアルバムデータを、microSDカードBへコピーします。

Nintendoフォルダをドラッグ&ドロップして、コピーしてください。

コピーが終わったら、microSDカードBをWindowsパソコンから取り外します。

新しいmicroSDカードを新しいSwitchに挿して使用する

スイッチB(新しいスイッチ)にmicroSDカードB(新しいmicroSDカード)を挿します。

スイッチBの電源を入れると、下記画面が出るので、「消去する」を選びます。

出典:https://www.nintendo.co.jp/support/switch/data_management/microsdcard/index.html#used

スイッチ本体が自動的に再起動します。microSDカードBにあるアルバムデータは消えないので、移行はこれで完了です。

古いSwitchへ、古いmicroSDカードを挿す

書くまでもありませんが、スイッチA(古いスイッチA)にmicroSDカードA(古いmicroSDカード)を挿してください。これで元通りです。

失敗談:アルバムはコピーできるけど、移行ができない方法

ここからは、筆者の失敗談です。

Nintendo Switch/Liteにて2020年12月1日に配信されたシステムバージョン11.0.0以降、Switch本体とWindowsパソコンをUSBケーブルで接続できるようになりました。Switch本体のアルバムデータをWindowsパソコンへ直接コピーできます。

この方法ではmicroSDカードを使う必要がありません。Switch本体にアルバムデータを保存していた場合、より効率的な方法に見えてしまいます。

しかし、この方法で保存したアルバムデータは、新しいmicroSDにコピーしても、データを引き継ぐことができません。

「microSDカード上のデータの構造」と「PCからSwitchへ接続したときに表示されるデータの構造」が異なるためです。

microSD上では、ルートディレクトリに「Nintendo」フォルダがあります。その階下にはAlbum、Contents、Saveとフォルダが並びます。

Albumフォルダの中は、西暦のフォルダで分かれています。

一方、WindowsパソコンとSwitchを接続した場合、Nintendoフォルダが表示されず、Albumのみが表示されます。

また、Albumフォルダの階下は、ゲームソフト毎にアルバムフォルダが分かれています。本来とは異なるデータ構造で表示されてしまうのです。

そのため、WindowsパソコンからSwitchに直接アクセスしてコピーしたアルバムデータでは、新しいSwitchへの移行ができません。

microSDカードの抜き差しが面倒だと横着したら、上手くいかずに無駄な作業になりました。ご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました