GpartedのライブUSBを作成する方法

Gpartedを使うなら、ライブUSBから起動させるといいです。

ここではGpartedのライブUSBの作成方法を載せています。

スポンサーリンク

Gpartedとは

Linux OSで作られた、パーティション操作ツールです。

無料で利用できます。

Windowsパソコンの外側から起動できるLinux OSに、ディスクやパーティションを操作できるアプリケーションが含まれています。

ライブUSBを作成することで、GpartedをUSBメモリから起動できるようになります。

Gparted プロジェクト日本語トップページ - OSDN
GpartedはGNOMEで動作するパーティション操作ツールです。ライブLinuxのGparted Liveを使えば、CDから起動してWindows PCのパーティションを操作することもできます。Gpartedはデバイスの検出と操作、パーティションテーブルの編集にlibpartedを利用していますが、libparted...

準備するもの

Windowsパソコン

これがないと始まりません。

Windows10でもWindows11でも構いません。

IntelとAMD、どちらのCPUを搭載しているかを把握しておきましょう。GpartedのデータはCPU仕様に合った方をダウンロードする必要があるからです。

IntelAMD
Core iシリーズ
Pentiumシリーズ
Celeronシリーズ
Atomシリーズ
Ryzenシリーズ
Athlonシリーズ

容量32GBのUSBメモリ

Gpartedを書き込むためのUSBメモリが1本必要になります。

容量は32GBにしておくといいです。Gparted用なら16GBでも構いませんが、32GBあればGpartedが不要になってもWindowsの回復ドライブ用途でも利用できるからです。

Gpartedを書き込んだUSBメモリは、Gpartedを起動専用のUSBメモリになります。他のデータを保管する用途では使えません。そのため、32GBを超える容量のUSBメモリを選ぶ意味はありません。

GpartedのライブUSBを作成する方法

Gpartedのwebページから、Gpartedをダウンロードします。

Gparted プロジェクト日本語トップページ – OSDN 「ダウンロードファイル一覧」
https://ja.osdn.net/projects/gparted/releases/

ただ、2022年初め頃から日本語ページからはダウンロードができなくなっています。源流であるsourceforge.netのサイトから、Gpartedをダウンロードした方がいいです。

USBメモリで使う場合は、「gparted-live-stable」の最新版でzipをダウンロードします。stableは安定版の意味なので、安定版の最新版と言うことになります。

2022年12月時点の最新版は1.4.0-6です。
https://sourceforge.net/projects/gparted/files/gparted-live-stable/1.4.0-6/

Gpartedのバージョン一覧を見たい場合はコチラへどうぞ。
https://sourceforge.net/projects/gparted/files/

使用するパソコンのCPUが、

  • Intel製(atom,celeron,pentium,core iなど)ならi686のzipを選びます。
  • AMD製(Athlon,Ryzenなど)ならamd64のzipを選びます。

クリックすれば画面が変わって、ダウンロードが自動的に始まります。

ダウンロードしたzipデータをUSBメモリへコピーしましょう。そのまま、USBメモリ上で展開します。

Windows11で7zipをインストールしている場合の手順例になりますが、右クリックして「その他のオプションを表示」を選びます。

「7zip」の「ここに展開」でzipを展開できます。

展開が終わると、USBメモリは下記のような状態になります。zipファイルは削除しておきましょう。

次にGpartedをUSBから起動できるようにします。”utils¥win32″フォルダ内にある”makeboot.bat”をダブルクリックして実行します。

コマンドプロンプトが開きます。続行するために、どれでもいいのでキーを押します。

英語で「おめでとう。隠れたファイルがUSBにインストールされてブートできるようになったよ」と出ます(「アクセスが拒否されました」は気にしないで大丈夫です)。好きなキーを押して、コマンドプロンプトを閉じます。

これでGpartedのライブUSBは出来上がりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました