いまWindows11パソコンを買うべきか?

答えはNoだ。

この記事の初回公開日は2021年10月21日です。当時から状況も変わっていますので、現状の話を追加して、下記2章に分けました。

  • 現在の話
  • Windows11登場時の話
スポンサーリンク

現在の話

2022年11月下旬時点での話です。

買うのか更新するのか

買うならWindows11を選ばざるを得ない

市場に販売しているWindowsノートパソコンのほぼ全てがWindows11になりました。

「買うべき」ではなく、「買わざるを得ない」です。

しかし、買わないで済むなら買う必要はありません。まだWindows10は十分使えます。

Windows11発表から1年ほど経ったのでOS品質が安定したかと思いきや、最新のアップデート”バージョン22H2″では新しい不具合が登場しています(内容については後述します)。

Windowsノートの最新機種では、購入時からバージョン22H2がインストールされています。ほとんどのWindows11ノートは、Windows10に戻せません。「Windows10ダウングレード権」がついているのはビジネス用パソコンの一部だけです。

特にゲームに関する不具合は避けようがありません。ゲームをする方はWindows11バージョン21H1がインストールされている機種を探した方がいいかもしれません(それはそれで大変だけど)。

Windows10の人はそのまま使う方がいい

Windows10を使っている方、今はWindows11に更新しない方がいいです。

特にsteamなどでゲームをする人は、絶対更新しないでください。

Windows11バージョン22H2はリリースされた直後です。不具合の修正はこれからなので、「Windows10に戻す(更新後10日以内)」する以外に解決方法がない不具合もあります。

わざわざバグのあるOSに更新する必要はありません。

Windows11バージョン22H2の主な不具合

コンシューマ仕様Windowsでの不具合を載せています。

ゲームや一部アプリのパフォーマンスが低下する

Windows11登場直後にも似たようなことがありましたが、「またかよ」って感じです。

「Windows 11 バージョン 22H2」で一部ゲームの性能が低下 ~Microsoftがセーフガードを適用/GPUパフォーマンスのデバッグ機能が影響
 米Microsoftは11月10日(現地時間)、「Windows 11 バージョン 22H2」で一部のゲームやアプリでパフォーマンスが低下したり、動作が不安定になる問題があることを認めた。トラブルの拡大を防止するため、影響を受けると考えられるデバイスには「バージョン 22H2」へのアップグレード提供を一時的に停止する...

現在修正中とのことで、Windows10に戻す以外に回避方法がありません

影響が出るWindowsパソコンへのアップデートの配信はMicrosoft側で止めているとのことです。ただ、この手の処置に絶対はないので、うっかり更新しないよう気を付けましょう。

コピー性能が最大40%低下

ファイルコピーのパフォーマンスが大幅に低下する問題です。

巨大ファイルの遠隔コピー性能が40%も低下 ~「Windows 11 バージョン 22H2」に新たな問題/Microsoftが回避策を案内
 米Microsoftは10月3日(現地時間)、「Windows 11 バージョン 22H2」にファイルコピーのパフォーマンスが大幅に低下する問題があることを明らかにした。リモートPCから数GB単位の巨大ファイルをSMB経由で「Windows 11 バージョン 22H2」デバイスへコピー(読み取り)する際、40%もスル...

ネットワークを使った遠隔でのコピーだけでなく、ローカルでのファイルコピーでも不具合が起きる可能性ありとのことです。発生するのは、コピー先がWindows11バージョン22H2の場合です。

上記リンク先にもありますが、CUI(コマンド操作)でコピーする場合は、パラメータを使えば回避できるとのことです。しかし、普通の人はGUIを使うし、わざわざコマンドを使うのはエンジニアくらいなものです。

コピーが遅くても我慢するしかありません。

Windows Helloでサインインできない

Windows11バージョン22H2に更新すると、Windows Hello(PIN認証・指紋認証・顔認証)でのサインインができない不具合です。

「Windows 11 バージョン 22H2」への更新後に「Windows Hello」でサインインできない問題/セーフガードが適用中
 米Microsoftは10月10日(現地時間)、「Windows 11 バージョン 22H2」に新しい不具合があることを明らかにした。アップグレード後に「Windows Hello」でサインインができない場合があるとのこと。

Windows Helloが機能しないため、パスワードでサインインするしかありません。

拡張サインインセキュリティを有効化した状態でアップグレードすることが原因で発生します。

不具合を避けたいなら、初めからアップグレードしない方が確実です。

筆者の近況

ここ1年「まだまだWindows10でOK」と言っていた筆者ですが、メインノートが壊れたため、遂にWindows11ノートを購入せざるを得なくなりました。

筆者が購入したHP ENVY x360-bfはWindows11バージョン22H2がインストールされていました。筆者が利用する範囲では問題なく使えています。

操作はWindows10となんら変わらないのに、見た目が変わるだけでそんなに不具合が出るのが不思議です。そんな不出来なOSを作ってまで、Microsoftは古いCPUのサポートを切りたかったんだな、ということはよく理解できました。

Windows10と比べて、Windows11は無駄に視覚効果が追加されています。エクスプローラーやウインドウの形が変わるときに、スムーズに動く感じです。その無駄を省けば、OS自体をもっと軽くできる気がします。

Windows11登場時の話

以下は、初回投稿時に記載した内容です。

なぜWindows11パソコンを買うべきではないのか

登場直後のOSは、デメリットばかりが目立つからです。

特段メリットもありません。

Windows11のデメリット

値段が高い

Windows11が搭載されたことで、PCの価格が上がってたりします。

極端な例ですが、「軽い」ことで有名な、富士通のモバイルノートPCで比較してみます。

Windows10搭載モデル
Windows11搭載モデル

構成はCPU:Core i5-1135G7、RAM:8GB、ストレージ:SSD512GB、50Whバッテリーで統一しています。OSが違うだけで45,000円も違います。

ちなみに、Windows10搭載モデルは、アウトレット扱いになっています。「訳あり品」ではなく「旧機種」としての扱いとのことです。

OSが安定していない

リリース直後のOSは不具合がつきものです。

Windows11においてRyzenCPUのパフォーマンスが約10%落ちるバグが出ています。

「Windows 11」、AMD Ryzenで性能の問題あり Microsoftが対応準備中
AMDはMicrosoftの「Windows 11」をサポートするRyzenプロセッサでパフォーマンスの問題があると発表した。一部のアプリでパフォーマンスが低下する。Microsoftが対処するためのWindows Updateを準備中だ。

2021年10月25日時点ではWindowsUpdateにより改善しているようです。

「Windows 11」のAMD Ryzen性能問題、KB5006746で改善
Microsoftは「Windows 11」のアップデートをリリースした。このアップデートで、AMDも認識していたRyzenの2つの性能問題のうちの1つが改善される。もう1つの問題は、AMDが同日リリースした新ドライバーで改善される。

【2022.1.28追記】Ryzenの性能低下は直ったようですが、2022年1月26日時点で「映像や音が途切れる(カクつく)不具合」が続いているようです。

Ryzen環境でWindows11を使用するとカクつく不具合。fTPMに起因 | ニッチなPCゲーマーの環境構築Z
RyzenなどのAMD CPU環境でWindows11を使用すると、ランダムにスタッター(カクつき)が起こり、映像や音が途切れるという不具合が発生しています。 fTPMを有効にす...

fTPMを有効にするとWindows11でカクつく、Windows10でもカクつく、いずれでも問題ない、などと報告があります。使用環境により結果が違うようです。

【2022.6.16追記】Ryzenでのカクつき修正については、各マザーボードメーカーがBIOS更新で対応しているようです。

RyzenのfTPMの不具合を修正。AGESA 1.2.0.7 BIOS公開。各マザーボードメーカーよりダウンロードが可能に | ニッチなPCゲーマーの環境構築Z
マザーボードメーカー各社より、『AMD Ryzen CPU環境でfTPMを有効にするとスタッターが発生する不具合』を修正したBIOSがリリースされ始めました。 この不具合は、AM...

ただ、これらの情報は、デスクトップパソコンの話です。ノートパソコンの話は探しても出てきません。どうなってるのか。

Windows11での不具合も出きった感がありますが、OSは複雑なものなので、「全てのバグが修正された」とは言えないところがあります。

Microsoft Office 2013が使えない

Microsoft Office 2013のサポート終了日は2023年4月11日です。

ただし、これはWindows10とWindows8.1の話です。

Office 2013はWindows11に対応していません

Office 2013を使っている人は、Windows11にした瞬間から、Office 2021への買い替えが必須になってしまいます。

Office 2013のサポート終了日は2023年4月11日です。この日にOffice 2021へ乗り換えても十分元が取れます(Microsoft365対比)。

Microsoft Office 2021のサポート期間
2021年10月5日、Windows11のリリースと同時に、Microsoft Office 2021がリリースされました。

なので、今いきなりOffice2013が使えなくなるのは(お財布が)痛いと思います。

アプリケーションが対応していない

各種アプリケーション(ソフトウェア)がWindows11に対応していないと、そのアプリケーションを使うことができません。

自分がPCにインストールしているアプリケーションがWindows11に対応しているか、確認してからの方が良いです。

パソコンが欲しいなら

Windows11アップデートに対応したWindows10搭載パソコンを買うと良いです。

いつでもWindows11にアップデートできるので、後々も問題ありません。

Windows11はいつ使う(買う)?

OSが安定して、各種アプリケーションが正式対応してからでも遅くないと思います。

ぶっちゃけ、リリースから1年くらいは様子を見てもいいんじゃないか、と思います。

Windows10のサポート終了は2025年10月14日なので、全然余裕があります。

2019年時点でもWindows7を正式に使ってた大企業があるぐらいです。

個人PCのOS移行を急ぐ必要はありません。

参考:Windows10の時はどうだった?

Windows10は2015年7月29日にリリースされました。

旧Windows OSからの無償アップデートは2016年7月29日に終了しています。

この間がちょうど1年でした。

Windows11の場合、今のところアップグレードに期間は定められていません。1年も待てばOSが安定しそうだという目安にはなります。

欲しいパソコンがWindows11だったら?

この記事を書いたのは2012年10月でした。

2022年6月時点では、発売するパソコンのほとんどがWindows11になっています。

今となっては、無理してWindows10パソコンを探す必要はありません。

Windows11もいずれ馴染んで、安定して使えるようになる、という長期的な考え方に切替えましょう。

少なくとも、自分が使用しているアプリケーションがWindows11で使えるかは事前に確認してから買いましょう。

半導体不足により、パソコンの値段は少しずつ上がっています。半導体不足が解消する兆しは、まだ見えません。

また、それ以上にグラフィックボードの高騰が著しいです。外部GPUを搭載しているパソコンは特に価格が上がりがちです。

さらに、円安が重なり、パソコンの価格が順次値上げされています。

Windows10でもWindows11でも、無理してパソコンを買う必要はありません。しかし、欲しいパソコンがあるなら早めに手に入れておいた方がいいかもしれません。

なお、2022年1月以降は、「新型IntelCPU待つのか問題」が浮上しています。

Intel第12世代モバイル用CPUのノートパソコンを待つべきか?
パソコンが好きになると、新しいCPUが出るたびに悩むこの問題。今回はIntel第12世代CPUのうち、ノートパソコン(モバイル)用CPUに話題を絞ります。

さらに「AMD Ryzen 6000シリーズ待つのか問題」もあります。

AMDの新CPU Ryzen 6000シリーズが来る!GPU性能が前世代機の2倍?
Intelが第12世代モバイルCPUのリリースを始めた一方、AMDはモバイル用CPU Ryzen6000シリーズのリリースを始めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました